まるい空

人付き合いは苦手だ、コミュ障というやつだ。こういった僕らは生きにくい。

「もうダメだって」塞ぎ込んだらもう一人の強い僕が喝を入れて立たせる。

そんな社会にうまくなじめない僕ら。

 

何気ないありふれている時間、限られている時間、流れている空気もいつかは終わるもの。

いつかこの生活も終わりが来て次の生活が来る。楽しい事はずっと続かないとどこかの偉い人が言っていた。

偉い人が言うことも正しいと思うが、思い出を忘れなければ続いていくとも思う。

 

手を繋ぐとひとつの輪ができる。

 

そこから見たまるい空は忘れることはない。

きっとまたあの声が聞こえてくる。

Copyright© きしだりょうか , 2019 All Rights Reserved.