確かな声

暗い静かな空間に一匹の黒猫がいた。ずっとこちらを見つめている。

すると口を開いてこう言った。「助けて」

 

ジリリリ、ジリリリと目覚ましのベルが鳴り、今日もまた朝が来た。

重たい体を無理やりに起こしカーテンを開けた。外は蝉の鳴き声で騒がしい。思わずため息が出る。

最近はずっと同じ夢を見る。内容は起きた直後は覚えているのにだんだん薄れていき、「助けて」という言葉だけが記憶にある。

そんな日々を繰り返している。きっとまた今日も同じ夢を見るんだろうなと思いながら家を出た。

 

じめっとして息が苦しい熱帯夜。丘の向こうには月が見える夜の道を歩く。

なんだかよくわからないけれど、溢れて深い闇に零れ落ちてしまいそうだ。

「助けて」 

またあの声が聞こえてきた。

 

深い闇を身にまとっているかのように黒い猫に、今日は手を伸ばして抱きしめてみた。

朝顔が元気に太陽を浴びて、急な坂を自転車で駆け抜けて、ふと家のベランダに目を向けると鈴の音の足跡があった。

 

ああ、なんだか今日は良い日が過ごせそうだ。

Copyright© きしだりょうか , 2019 All Rights Reserved.